Information

コロナ『冬の第6波』は確実との見解!!

og_210930

 以下の論文を元に、2021年10月末までは、臨時休業とさせていただきます。 家賃等の固定費は無駄になりますが、従業員やお客様の生命を守りたいと考えています。 ご理解の程、よろしくお願いいたします。  

【以下、集約的論文】 コロナ「冬の第6波」は確実:「飛沫」より遥かに危険な「空気感染」を無視する厚労省 10/1(金) 14:01配信   換気を妨げる飲食店のパーティションはむしろ危険という指摘もあります。 新型コロナウイルス(以下、コロナ)の第5波が収束した。9月28日、政府は緊急事態宣言とまん延防止等重点措置を9月末で解除することを決めた。では、コロナの流行は、これで終わりなのでしょうか? コロナの流行には季節性があります。2020年と2021年の感染者数の推移を見ると2020年の感染者数は10倍に達しています。いずれの年も春は3月末、夏は6月末から感染が拡大しています。春のピークは4週間、夏のピークは2週間、2021年の方が遅いが、これは感染力が強いアルファ株、デルタ株が流行したためとの分析されています。 実は、この状況は日本に限った話ではありません。ピークの感染者数こそ違いますが、流行状況は酷似しています。主要先進7カ国(G7)でも流行状況は似ています。コロナの流行は世界で同期している。世界各国の人流、ワクチン接種率、規制の強度には違いがあり、共通するのは季節の変化だけです。日本ではあまり議論されることはありませんが、世界中の研究者がコロナ流行の季節性に関心を寄せています。 コロナの流行に季節性があるのなら、次の流行を予想することも可能です。昨年は10月末から感染者が増加し、ピークの1月11日まで増え続けました。そして、ピークの感染者の数は、昨夏の約5倍です。今冬、デルタ株の大型の流行が起こると考えて準備を進めた方が良いのでは。10月末から感染が拡大するなら、残された時間は長くないと考えています。